<   2014年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ソフィ ぬくぬく通院
ソフィ通院です。
今日は朝からけっこう暖かく、
いつものように洋服を着せて行ったのですが、
途中でちょっと脱がせるくらいの天気でした。

b0281669_2225027.jpg
今日はぬっくいねぇ

b0281669_2231884.jpg
あちゅいでつよ

【ソフィ】
 体重:6.25kg
 体温:38.5度

 再診料:¥500
 内服薬(1D):¥2,800
 内服薬(1D):¥2,800
 内服薬(1D):¥2,100
 消費税:¥410
  ※一部保険適用

入院以降、てんかん風のけいれん発作は出ていません。
心臓も落ち着いてきて、
今まで通りくらいに戻っている、とのことで、
少しほっとしました。

現段階では、けいれん発作が再発するのが一番怖い、とのことで、
引き続きけいれん発作止めの粉薬を飲むことになりました。
胆泥症の粉薬もちょうどなくなるので、
両方の薬を混ぜてひと包みにしていただきました。
これまで二種類がひと包みずつだったので、
二包みをご飯に混ぜていたのですが、
間違えて同じ種類を入れてしまう恐れもあったので、
これでちょっと安心だし楽になります。

家での動作も入院前に近づいてきました。
ご飯も独りで食べられるし、
熟睡後にのび~ってできるし、
ご飯前にすってけてってって~と小走りで寄ってくるし、
コルクの上でじょ~~って…

とにかく元気が一番です。
一病息災でもかまわないから、
細く永くでいいから、
いつまでも傍に居てね。
[PR]
by sophiegogo | 2014-02-26 22:02 | ソフィの健康
気持ちいいの
微妙に気持ちいいの。

b0281669_2146953.jpgぶにゅ

つぼ押しみたいな感じ?

b0281669_21463370.jpgぶにゅにゅ

[PR]
by sophiegogo | 2014-02-18 21:46 | ソフィの日常
平常に戻りつつあります
ソフィ、少しずつ動作がしゃっきりしてきました。
ご飯を食べるスピードもちょっとずつ元の早さに近づきつつありますし、
器を手で持ってあげなくても食べられるようになってきました。
目にも力が出てきたような気がします。
でもまだけいれん発作前と同じくらいとは言い難い。

今日は月曜日、診察日なので、
みんなで病院へ出かけます。
今日はまうも一緒。

【ソフィ】
 体重:6.34kg
 体温:38.5度

 再診料:¥500
 心電図検査:¥2,000
 内服薬(5D):¥750
 消費税:¥162
  ※保険適用

病院では、心電図測定装置をつけて心電図を見ていただきました。
私達も見せていただきましたが、
入院した日に見せていただいた波形に比べると、
P波がほぼちゃんと出ているようです。
先生も随分戻ってきてくれている、とおっしゃっていました。
発作も起きていませんが、
念のためけいれんを抑える薬はもう少し続けることになりました。

ついでに退院後ひとつ気になっていたことを先生にお聞きしました。
入院前までソフィの鼻の頭はかさぶたのようになっていて、
固くてごわごわしていたのです。

b0281669_21312822.jpg入院前の鼻

ぽろぽろ取れそうな雰囲気だけど、
うっかり取っちゃって出血したらいけないなぁと
気になりつつもいじれなかったのですが、
退院後ふと気付くと、きれいに取れていたのです。

b0281669_21315548.jpg退院後

入院中に先生がきれいに取ってくれたとのこと。
気になっていたし、病院で安全にきれいに取っていただけたので、
ちょっと嬉しい。

b0281669_21323152.jpg眠いでつ~

まだまだお疲れソフィ、
帰りはカートの中でうとうと。
[PR]
by sophiegogo | 2014-02-18 21:30 | ソフィの健康
寄り添って
ひたすら眠るソフィにまうが寄り添ってくれています。

b0281669_2104187.jpg

ソフィを心配してくれているのでしょうか。

b0281669_211167.jpg

とっても優しいまうたん。
ありがとう。
[PR]
by sophiegogo | 2014-02-17 20:59 | ソフィの健康
なかなかいつも通りとはいかず
昨日、病院から帰ってから、
いつものようにほぼ寝ているソフィですが、
やはり行動はいつも通りとはいきません。

まず、ご飯の時、食べよう、という意志は見て取れるのですが、
ご飯の器を前にしてもなかなか食べ始めない。
見えていない、というわけではないようなのですが、
どうしたらよいかわからない様子。

しばらくあまり食べていなかったようなので、
体力も落ちていて、体勢的にきついのかもしれない、と考え、
食器を手で持って顔の近くまで持っていってあげました。
それでもしばらく逡巡し、ようやく食べ始めてくれました。
食べるのにも非常に時間がかかっています。
いつもの5倍以上の時間をかけて、
それでも完食してくれるのが嬉しい。
(いつもより少し少なめご飯にしています。)

寝ていてる姿勢から起き上がった時もふらつくし、
歩き方もふらふらゆらゆらしています。
ちっちは頑張ってトイレでやってくれます。
(こちらが誘導していますが。)

歩き回って壁を向いて立ち止まり、
しばらく考え込んでいたり。
まるで痴呆症のようでもあります。
やはり脳の伝達系統が良くないのかなぁという感じ。

でも、呼吸が苦しそうとかはないし、
けいれん発作も起こっていないし、
ご飯は食べてくれているので、
体力がついてくれば少しはましになってくるのではないか、
と期待も込めて見守っています。

b0281669_2004384.jpg
相変わらず死んだように眠ってます。

b0281669_2012829.jpg
点滴をしていたのではげとガーゼ
[PR]
by sophiegogo | 2014-02-16 19:59 | ソフィの健康
とりあえず退院
午後の診察開始時間(16:00~)を待って
ソフィをお迎えに行きました。

「お迎えですね、少々お待ち下さい」
と受付の看護師さんに言われて待っていると、
診察室のドアが開き、ソフィがとことこと歩いて出てきました。

「随分よくなったでしょ~良かったよ~」
と後ろから先生が出てこられて。
「ソフィ~~」と思わずぎゅーしてしまいました。

その後けいれん発作もなく、
心拍数や心臓の状況も落ち着いているようなので、
退院できることになりました。
今後はいかにけいれん発作を起こさないようにするか、
になってくるので、数日間はけいれんを抑える薬を
朝晩飲むことになりました。

【ソフィ】
2/14
 再診料:¥1,000
 採血料:¥1,500
 血液検査(血球計算):¥4,000
 血液検査(生化学):¥7,000
 ICU使用料:¥12,000
 静脈注射:¥2,000
 心電図検査:¥4,000
 留置針留置:¥2,500
 点滴注射:¥12,000
 入院料:3,000
2/15
 再診料:¥1,000
 内服薬(1D):¥300
 点滴注射:¥6,000
 ICU使用料:¥5,000
 内服薬(7D):¥2,100
 消費税:¥3,170
  ※保険適用

 計¥46,570
  (保険適用¥20,000)

とにもかくにも、ソフィをおうちに連れて帰れます。
本当によかった。
治ったわけではないので、心配はなくならないのですが、
とりあえずおうちでお世話ができることは嬉しいです。

けいれん発作の原因も結局よくわからないけれど、
できる限りのことはしていってあげたいです。

b0281669_18392187.jpgおうちに帰ってくったりソフィ
[PR]
by sophiegogo | 2014-02-15 22:34 | ソフィの健康
少し落ち着いて来たようではありますが
朝一でソフィを見舞いに病院へ。
昨日の雪が明け方には雨に変わっていたのですが、
家を出るころにはその雨もあがり晴れ間も見えてきていました。
地面は積雪で真っ白で…が、普通の積雪とはちょっと違いました。

表面は雪で真っ白なのですが、
足を踏み込むと雪の下は雨水でぐっちょり。
道路は車が通るので雪が解けてきているのですが、
路肩には雪が10cmくらい積もっていて、
水が流れるのを妨げており、
かつ、排水溝にもシャーベット状の雪が詰まって、
水が非常に流れにくい状態になっていて、
道路に水が溜まって川のよう。
なにやらえらいことになってます。
一歩ごとに水に踏み込み、車は歩道まで水を跳ね上げ、
10mも行かないうちに靴の中まで浸水、
このままだと凍傷になるんじゃないか(おおげさな)と思いつつ、
でもどうしようもないので、あきらめて足を濡らしながら
病院へ向かいました。

ソフィはICUではなく、普通のケージ状病室内で、
こっちにお尻を向けて寝ておりました。
心電図計測器はついておらず、
左前足に点滴の管が繋がっておりましたが。

ソフィの尻

昨日午後以降、発作は起きておらず、
心拍数なども安定してきたことからICUから出ることができたようです。
見るとケージ内にはエサとお水も置いてありました。

先生曰く、昨晩は何度もぎょっとされたようで…
というのも、ソフィのあのちょっと怖い寝顔のせいで。
モニター画像越しにソフィを観察していたそうなんですが、
ふと画像を見るとソフィのあのまるで死んでるような寝顔が映り、
「これはだめか!?」と慌ててケージを見に来ると
実は寝ているだけ、ということを何度か繰り返したそうです。

 どうりで先生やつれてらっしゃるわ。
 ソフィが悪いわけじゃないけど、
 なんかごめんなさい。

「どう?随分ましになったでしょ?
 なに?寝てるの?
 おーい、そりゃないでしょ。
 ほら起きて。」
と起こされたソフィ。

b0281669_19111173.jpg

ご飯も少し食べたそうです。
「昨日はご飯どころじゃなかったからね~」
とのことで、昨日に比べるとかなり快復してきているようです。

b0281669_1911338.jpg

今日は念のため午後まで病院で様子をみて、
大丈夫そうなら夕方退院することになりました。

 良かった。
 もうちょっと我慢ね、ソフィ。
 夕方お迎えに来るからね。

だいたいの治療費をお聞きして、
(入院したしICUだったし相当の金額は仕方なし)
せっかく温まりかけた足をまた冷たく濡らしつつ
ぐちょぐちょ道を歩いて一旦帰宅いたしました。
[PR]
by sophiegogo | 2014-02-15 13:10 | ソフィの健康
ソフィ てんかん発作かもしれない
今日は私は日中不在で、
相方がまうソフィとお留守番だったのですが、
夕方16:30頃帰ってみると、
玄関がやけに広い。
いつも玄関内に置いてあるカートがありません。

もしや、と上がってみると、
お昼過ぎ頃、ソフィがけいれん発作を起こし、
雪の中、カートを押して病院へ連れて行ったとのこと。

昨年11月にもけいれん発作がありましたが(詳細はこちら)、
どうも同じような状況のようです。
以下相方から聞いた話。

 昼頃、ご飯をあげようと準備を始めたけれど、
 ソフィが起きてこない(それまでいつものように普通に寝ていたらしい)。
 あれ、おかしいなぁ、と見てみると、
 足を突っ張り、まるで自転車をこぐようにばたばたしている。
 これはおかしい、と抱き上げてみると、
 首がぐるんぐるん回ってしまう(と言ってました)。
 しばらくするとその状態は止まり、立ち上がれるようになったが、
 ご飯を目の前にしても食べず、
 そのままご飯の器内に嘔吐してしまった。

今日は朝から雪でしたが、
この時点ではそれほど積もっていなかったので、
「どう見てもおかしいし、行ける時に行っておかねば!」
と考えて、ソフィをカートに乗せ、
降りしきる雪の中、カートを押して走ってくれたそうです。

夕方には電話してみて欲しい、と言われていたそうで、
相方が電話してみると、
「あまり改善していない。来られるようなら二人で来て欲しい。」
と言われたようなので、すぐに二人で病院へ向かいました。
(まうはお留守番。こんな天気だからね。)

病院に着いたのは18時少し前。
ソフィは酸素供給されているICU室の中で、
心電図測定の機器を装着されて眠っていました。

b0281669_17455334.jpgICU室のソフィ

先生のお話ですと、昼頃来院してしばらくは落ち着いていて、
これなら夕方には退院できるかな、と思っていたそうなんですが、
15時過ぎ頃、再びけいれん発作を起こしたとのこと。

その後、心電図を撮ってみると「洞停止(どうていし)」の
症状が見られるし、心拍数も遅い、とのことで、
心臓病持ちのソフィにとっては心配な状況とのこと。

 ※洞停止:洞結節からの電気信号が一過性に停止または
  心房に伝わらないことによって起こる。
  (要は、心房が正常に動いていない状態、なんだそうです。)
  大雑把に言うと、「不整脈」の一種みたいです。
  心電図で言うところの「P波」が見られない状況。
  説明を受けつつソフィの心電図グラフを見ると、確かにところどころ
  抜けている波があるのがわかりました。

けいれんの原因はわかりません。
血液検査もしていただいていたのですが、
原因となりそうな異常はなかったとのこと。
普段から水を飲む量が多い子なので、
脳の伝達系統がもともと調子よくないと思われ、
脳周辺が原因かもしれないけれど、
(脳下垂体の腫瘍とかも可能性もあるかも、とのこと)
MRIとか撮ることもできないし(心臓に負担がかかるから)、
まずはけいれん発作の再発を抑え、
心臓の調子を安定させることが第一の目標のようです。
その後もけいれん発作が起こらないように対処療法を
していくことになるみたいです。

今日はもう少し病院で様子を診たい、とのことで、
今晩は入院となりました。
先生が泊まりで診ていただけるようです。
有難いことですが、それだけ危ないってことなんだろうか、
とちょっと不安な気もします。

「夜中などには連絡しませんが、何かあった場合、
明日朝9:30~10:00頃に電話するかもしれません。」
と言われてしまいましたが、
私の予感としてはそれほど悪いものはなかったので、
とりあえずお願いします、とお任せして、
また雪の中を二人で帰ってきました。

その後、19:00頃に病院の先生から電話があり
ちょっとびっくりしましたが、
「今日は心臓の薬飲ませてますか」というお問い合わせでした。
朝のうちに飲ませてあることをお伝え。

b0281669_17475624.jpg大事なソフィ

 ソフィ、早くおうちに帰っておいで。
 みんなで待ってるよ。
 大丈夫、またおうちでうだうだお昼寝しようね。
[PR]
by sophiegogo | 2014-02-14 22:44 | ソフィの健康
ソフィ雪道通院
ソフィ通院日です。
一昨日の大雪で、道路はどうかなぁと思っていたのですが、
昨日暖かかったし、皆様が雪掻きをしてくれていたので、
意外と乾いている部分が多かったです。

そこで、今日はソフィだけ自転車でGO。
もちろん、超安全運転で、
雪が残ってるところは、降りて押して行きましたとも。

【ソフィ】
 体重:6.35kg
 体温:38.7度

 再診料:¥1,000
 内服薬(1D):¥2,800
 内服薬(1D):¥2,800
 消費税:¥330
  ※保険適用外

心臓、目は変わりなく。
ただ、先生にもお伝えしたのですが、
最近、ほとんど耳が聴こえていないんじゃないかなぁ、
と思います。
うちに来たころから、あまり耳はよくなさそうだなぁ
という感じはありましたが、最近はさらに。

理由としては、
・ご飯の時、食器にフードが落ちる音が聞こえていないらしく、
 寝ていたり見えない位置にいたりすると気付かない。
 (以前は「からから~」とフードの音がするとすっ飛んできた。)
・背後からかなりの大声で呼んでも無反応。
・名前を呼びながら後方から近づいて頭をなでると
 ちょっとびっくりする。
・頭の後ろで手をぱんっと叩いても無反応。
・ちっちの時、「ちっち、ちっち」と掛け声をかけていたのですが、
 最近は掛け声ではトイレでやってくれない。
 (一時期はトイレもほぼ覚えてくれていたのに。)
 トイレのシーツを人差し指でとんとん、とやるとトイレでやる。
など。

耳をめくって耳元で声をかけると、
なんとなく気付いてる気もするんですけどね。

先生曰く、「老化現象としては、最初に聴力が衰えてきますからね~。
次が目で最後は鼻かな。」とのこと。

老化現象としての聴力の衰えは何ともし難いですので、
今後はジェスチャーや表情でソフィとコミュニケーションを
取っていってあげるよう注意していこうと思います。

目も衰えてくるでしょうから、
体に触れて指示を出すとか、
そういうことも考えておかないといけませんね。

ちなみに、目はまだけっこうちゃんと見えているようで、
少し離れたところからおやつを見せても、
嬉しそうにいそいそと近づいてきてくれます。

 のんびりゆっくりしてくれればいいさ。
 ソフィはだいじなだいじなうちの子だから、
 どこが衰えてもだいじにだいじに、
 いつまでも一緒だよ。

ぎゅーっとぎゅーっとソフィを抱きしめて。
[PR]
by sophiegogo | 2014-02-10 20:42 | ソフィの健康
携帯を探せ!
どこかで私の携帯電話が鳴っています。
が、どこを探しても見つかりません。
クッションや毛布などいろんな物を
ひっくり返して探したのですが、見当たらない。

 おっかしいなぁ

が、一箇所、まだひっくり返していないものがありました。

b0281669_1921319.jpg寝ているソフィ

b0281669_19213179.jpg近づいて

b0281669_19215517.jpgよく見てみると

b0281669_19222061.jpgもしかして

b0281669_1922422.jpgあった!

あった!

あの位置でバイブもしてたのに起きないなんて。
図太いねぇ。
かわいいやつだ。
[PR]
by sophiegogo | 2014-02-10 20:19 | ソフィの日常
  

おキャバなソフィののんびりライフ
by わふ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
ソフィ プロフィール
・本名:ソフィ(Sophie)
・キャバリア・キング・
  チャールズ・スパニエル
 (Cavalier King
  Charles Spaniel)
・女の子
・2004.10.30生まれ
 (推定10才/うちの子に
  なった日をお誕生日に
  設定しました!)
・2012.9.24
  ケンの家様からお預かり
  (トライアル開始)
・2012.10.30
  うちの子になりました!
・2015.6.10
  お空でのバカンスへ旅立ちました。



にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

こちらのサイトは、ケンの家様が保護して下さってうちの子になってくれた愛しいソフィの記録サイトです。ケンの家様への報告も兼ねてのブログでしたので、ソフィと保護犬・保護活動に関連する情報の記載に絞るようにしております。先住犬のまうの記録は別サイト「まうたんがくる」で公開中です。
最新の記事
6月10日。
at 2016-06-10 21:58
ジャスミンの香りは思い出の香り
at 2016-04-27 19:49
あんずとピースと愉快な仲間た..
at 2016-04-23 20:56
花見散歩
at 2016-04-06 18:05
光になったソフィ
at 2016-03-31 21:09
フォロー中のブログ
豆とニンジン
ブログジャンル
犬
検索
最新のトラックバック
ファン
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
画像一覧