ソフィへ-あれから一ヶ月
ソフィが旅立ってから一ヶ月たちました。
今日は月命日です。
お花とスイーツをお供えし、ソフィに話しかけました。

b0281669_21573871.jpg
スイーツはまうが狙うのですぐ撤収…

まだまだ寂しさは拭いきれません。

今日は特に。

「一ヶ月前のこの時間は、
 まだソフィに触れることができたんだなぁ」
と何度も思い出してしまっています。

ただ日が過ぎる程に、
ソフィと過ごしたあの期間、
大変なこともあったけれど、
私は間違いなく世界で最も幸せだったと、
私の人生の中でも最も幸せな時間だったと、
心から有難く思うようになりました。

あの時間は私の中に刻み込まれ、
決して消えることはないでしょう。
例えいつか鮮明に思い出すことができなくなってしまっても、
なくなることはないのです。

心の穴を消し去ることはできないけれど、
想いで埋めることはできると思います。

それと、いつかまたソフィと会うことができた時、
とても立派に気高く雄々しく自分の生を生きたソフィに、
恥ずかしくないような生き方をしたいと思っています。

b0281669_21482819.jpg
愛しいソフィをいつまでも心に抱きしめて

まだまだ実行していくのは難しいですけれど。
[PR]
# by sophiegogo | 2015-07-10 21:58 | ソフィ
ソフィの写真
ソフィの骨壺に写真を貼りました。
せっかく貼るスペースがあるのだから、と思って。

b0281669_14342142.jpg

この写真は、2012年11月20日に撮影したもので、
ソフィがうちに来てそれほどたっていない頃の写真です。
まうとお揃いのセーターが編み上がり、初めて着てもらった時の写真。

b0281669_14345091.jpg

真正面から見つめてくれている写真で、
私のお気に入りの写真です。

いつも、いつまでも、
ソフィが見守ってくれていますように。
[PR]
# by sophiegogo | 2015-07-08 14:33 | ソフィ
ただただ寂しいけれど
ソフィが旅立って半月が過ぎました。
何かをしている時はまだ気が紛れるのですが、
ふとした瞬間にソフィを思い出し、とても寂しくなります。
まうのご飯を用意する時なども、
もうソフィのミルクを溶いたりフードを
砕いたりしなくてもいいなんて。
ソフィのお世話、全然苦にならなかった。

家の中のどこを見てもソフィの思い出がよみがえります。
外に出てもソフィが歩いた場所、
ソフィがちっちした場所、
ソフィを抱いてにいたまを待っていたコンビニの前、
あちこちにソフィの面影を見出します。

特に夜。
ソフィがうちに来て以来、
私はほぼ毎晩ソフィの傍で寝ていました。
ソフィの息遣い、ソフィの温もり、
ソフィをぽんぽんしながら寝た日々、
ソフィの呼び声で目を覚まし、
そのままソフィを抱いて過ごした静かな夜。

時に写真を見ては涙します。
こんなことではソフィの安らぎに障りはしないかと思いながらも、
まだまだ想いはつきません。

いつも傍に居てくれる、とは思っていても、
やっぱり人間ってダメね、
触れたり感じたりしたくなる。

 ただただ寂しい。
 会いたいなぁ。

でもこちらの世界のことなんて振り返らず、
そちらでのんびり過ごしてくれるのがねえたまの願いでもあるの。
ソフィ、いつまでものんびり、ね。
[PR]
# by sophiegogo | 2015-06-26 23:47 | ソフィ
まうとソフィ
ソフィの骨壺は、しばらくはソフィの寝ていた
場所に安置していました。

b0281669_1454866.jpg

でも、ソフィの使っていた蚊帳やブランケット、毛布など
いつまでもそのまま置いておくわけにもいかないし、
床の上だとソフィも落ち着けないかな、とも思い
(まうが気にするし)

b0281669_14543572.jpg
ソフィのお供えを狙うまう

カラーボックスの上にソフィの居場所を作りました。

b0281669_1454592.jpg

そうして、ソフィのベッドにしていた毛布など、
少しずつ洗って片づけたりしていたのですが、
クッションと羽根布団だけはなんとなく残してありました。
それまで片づけてしまうと、
ソフィの居場所を全部なくしてしまう気がしてしまって。

そんなある日、ふと見ると、
まうがソフィの骨壺の正面にお座りして、
骨壺を眺めておりました。
何かお話でもしてるのかなぁとは思ったのですが、
そのすぐ後から、まうがソフィの羽根布団の上で
くつろぐようになりました。

b0281669_1455231.jpg

それまではソフィに遠慮しているのか、
その羽根布団の上には乗ろうともしなかったのに。

 ソフィが使っていいよ、って言ってくれたのかな。

b0281669_14554966.jpg

今日もまた、まうはソフィの羽根布団の上にいます。
その表情はちょっと寂しげにも見えます。

b0281669_14561243.jpg

特に仲が良かったわけでもなく、
つかず離れずで居た二匹ですが、
たまに寄り添って寝ていたり、
それなりに認め合っているような雰囲気はありました。
やっぱり、ちゃんと通じ合っていてくれたのかな。
[PR]
# by sophiegogo | 2015-06-23 14:53 | ソフィ
まうたん6歳のお誕生日
今日はまうの6歳のお誕生日です。
今年のお祝いケーキはこちら。

b0281669_15292077.jpg

去年、ソフィのお誕生日ケーキもお願いした、
キアッケレカーニ様のケーキです。

待ちきれなくてうずうずです。
(ローソクは危ないから消火)

b0281669_15294466.jpg

ソフィも便乗で記念撮影。

b0281669_1530631.jpg

ケーキはまうとソフィで半分ずっこです。

b0281669_15302275.jpg

b0281669_1530457.jpg

まうへのお誕生日プレゼントは、
押すとピーピーなるテントウムシのおもちゃです。

b0281669_1531818.jpg

遊んでくれるかなー。

まうも6歳、来年はシニア、って呼ばれちゃう年齢ですが、
最近は大きな怪我や病気はないし、
下痢や嘔吐などもほとんどありません。
これからもいつまでも健やかで元気に過ごして欲しいと思っています。

 優しくて可愛くていい子な愛しいまう。
 生まれてきてくれて、うちに来てくれて、
 本当にありがとう。
 これからもずーっと傍に居てね。
[PR]
# by sophiegogo | 2015-06-15 15:28 | まう
  

おキャバなソフィののんびりライフ
by わふ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ソフィ プロフィール
・本名:ソフィ(Sophie)
・キャバリア・キング・
  チャールズ・スパニエル
 (Cavalier King
  Charles Spaniel)
・女の子
・2004.10.30生まれ
 (推定10才/うちの子に
  なった日をお誕生日に
  設定しました!)
・2012.9.24
  ケンの家様からお預かり
  (トライアル開始)
・2012.10.30
  うちの子になりました!
・2015.6.10
  お空でのバカンスへ旅立ちました。



にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

こちらのサイトは、ケンの家様が保護して下さってうちの子になってくれた愛しいソフィの記録サイトです。ケンの家様への報告も兼ねてのブログでしたので、ソフィと保護犬・保護活動に関連する情報の記載に絞るようにしております。先住犬のまうの記録は別サイト「まうたんがくる」で公開中です。
最新の記事
6月10日。
at 2016-06-10 21:58
ジャスミンの香りは思い出の香り
at 2016-04-27 19:49
あんずとピースと愉快な仲間た..
at 2016-04-23 20:56
花見散歩
at 2016-04-06 18:05
光になったソフィ
at 2016-03-31 21:09
フォロー中のブログ
豆とニンジン
ブログジャンル
犬
検索
最新のトラックバック
ファン
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
画像一覧